16428円 キッチン 流し台 3段引出し 点検口付 W1500mm 間口150cm GS(M-E)-S-150MXT(R-L) LIXIL リクシル 木製キャビネット GSシリーズ DIY、工具 住宅設備 キッチン 流し台、シンク 16428円 キッチン 流し台 3段引出し 点検口付 W1500mm 間口150cm GS(M-E)-S-150MXT(R-L) LIXIL リクシル 木製キャビネット GSシリーズ DIY、工具 住宅設備 キッチン 流し台、シンク キッチン 流し台 3段引出し 点検口付 W1500mm 間口150cm GS R-L -S-150MXT 【祝開店!大放出セール開催中】 LIXIL M-E リクシル 木製キャビネット GSシリーズ キッチン 流し台 3段引出し 点検口付 W1500mm 間口150cm GS R-L -S-150MXT 【祝開店!大放出セール開催中】 LIXIL M-E リクシル 木製キャビネット GSシリーズ リクシル,GSシリーズ,GS(M-E)-S-150MXT(R-L),点検口付,/article/detail/38131,間口150cm,流し台,キッチン,木製キャビネット,W1500mm,LIXIL,02a5136.netsolhost.com,16428円,DIY、工具 , 住宅設備 , キッチン , 流し台、シンク,3段引出し リクシル,GSシリーズ,GS(M-E)-S-150MXT(R-L),点検口付,/article/detail/38131,間口150cm,流し台,キッチン,木製キャビネット,W1500mm,LIXIL,02a5136.netsolhost.com,16428円,DIY、工具 , 住宅設備 , キッチン , 流し台、シンク,3段引出し

キッチン 流し台 3段引出し 点検口付 W1500mm 間口150cm GS 【信頼】 R-L -S-150MXT 祝開店 大放出セール開催中 LIXIL M-E リクシル 木製キャビネット GSシリーズ

キッチン 流し台 3段引出し 点検口付 W1500mm 間口150cm GS(M-E)-S-150MXT(R-L) LIXIL リクシル 木製キャビネット GSシリーズ

16428円

キッチン 流し台 3段引出し 点検口付 W1500mm 間口150cm GS(M-E)-S-150MXT(R-L) LIXIL リクシル 木製キャビネット GSシリーズ

リクシルのセクショナルキッチンをお安いお値打ち価格を心掛けて販売しております。
木製キャビネット エクシィ
シンプルなデザインと充実した基本性能。
木製キッチンのベストセラー商品です。
幅広いテイストのインテリアに溶け込むすっきりとしたデザインを採用。
機能や収納もしっかり備え、使いやすくコストパフォーマンスにも優れたキッチンです。
GSシリーズ:光沢のある美しい木目と、洗練された抽象柄の2カラー。
GKシリーズ:インテリアに合わせやすいシンプルな風合いの2色です。
集合住宅用KJタイプ キッチンの入れ替えにぴったり。
GKシリーズに110・100cmの流し台もラインアップ。
1990年代の集合住宅に多かったKJタイプのキッチンをすっきり入れ替えできます。
アパートや寮などの集合住宅、戸建住宅などの台所リフォームにおすすめです。

【kittinn nagasidai nagashidai rifo-mu koukann torikae】




キッチン 流し台 3段引出し 点検口付 W1500mm 間口150cm GS(M-E)-S-150MXT(R-L) LIXIL リクシル 木製キャビネット GSシリーズ

九州圏内で建築の設計をやっております。気ままに更新しています。


サッシが入れ替わって全然明るくなりました♩


少しずつですが他の部分も進んでいます。


解体しながら考えてます。。。


階段の劣化したビニルタイルを撤去しました。この状態も悪くないのですが、モルタルの劣化が激しく、外部ということもあり、何かしらの手当てが必要になります。目下色々思案中です。。。

久しぶりに模型を連れて行きました。コロナの影響で外壁の色は変わりましたが(もうとんでもないところにまで影響が及んでいる。。。)とてもいい感じで進んでいます。




断熱工事(セルロースファイバー湿式工法)も終わりました。相変わらずのみっちり感です。


建物が変形しているので天井ボード下地もこうなるようです。大工さんの苦労の結晶だと思います。ボードの割付めちゃくちゃ悩んだだろうなぁ。。。できればクロスなど貼らずにこのまま残してあげたいくらいです♩


道路側の開口部を広げています。窓の大きさが倍になったのでグッと明るくなった気がします♩


天井の栂材もとても丁寧に施工されています。


このうえに間接照明を乗せます。


既存の窓の高さに合わせて板貼天井の高さを決定しています。リフォームの場合は既存のものに対してどれだけ寄り添うべきかの判断が非常に重要になってきます。






軒天の杉板にはあえて荒材を使用しています。表面を綺麗にプレーナーを掛けたものよりも見た目が豊かで荒々しい感じが好きです。つるっとしたガルバの外壁とのコントラストも出ますし、防腐塗料もしっかりと染み込みやすいので耐久性もこちらの方が圧倒的に高くなります。高さがあるのでメンテしにくい場所ですしね。




外部に接する天井にはアルミのシートを施工しています。小屋裏の暑さ対策もありますが、冷暖房の空調効率を上げるのに非常に効果があります。


今日くらいからセルロース断熱工事に入る予定です。





インナーテラスと呼んでいる土間部分は天井を低く設定しています。その下地ができてきました。


まだまだ画像ではわかりませんが空間にメリハリをつけるために、あえて低く設定しています。これからさらに畳スペースは1段床が上がるのでもっと低くなります♩


暗くなるまで毎日職人さんたちが頑張ってくれています。リフォームなので現場の進行に合わせてちょくちょく変更修正をかけながら進めていきます。